作成者別アーカイブ: staff-ari

自己主張をサポートしたい

幼いころからの憧れが覆された新人時代

看護師は幼いころからの憧れで「白衣の天使」を夢見てこの職業を選びました。しかし現場に入ってイメージは逆転!!救急の現場に配属されたこともあり、殺伐とした中で時間との戦いで、先輩は怖くて「もう無理だ…辞めたい」と思ったことは数え切れませんでした。
それでも続けてこられたのは、一命をとりとめた患者さんが頑張って回復される姿に励まされていたからだと思います。意識状態が悪く「痛い」としか言葉を発しなかった方が、転院時に私の名前を呼んでくれた時の感動は、今も心に残っています。

「もっと自由に生きてほしい」という気持ちから

急性期の病院で経験を積んだ私は、有料老人ホームで働く機会を得ました。恵まれた環境で豊かに暮らす高齢者にも、認知機能が低下したり、疾患の悪化や老衰によって身体機能が低下したり問題が生じます。そんなとき「これからの生き方」そして「最期の迎え方」の選択をする場面で、制約のある施設の中では選択肢が複数与えられていないという、モヤモヤした気持ちに苛まれました。もっと自由に生きてほしいし、もっときれいに命を終えてほしいという思いから、自宅ではそれが可能なのだろうか?という疑問が生まれ、訪問看護に興味を持つようになりました。そして、訪問看護にチャレンジしようと思ったのです。

諦めている思いを惹きだしたい

ななーる訪問看護ステーションに来て驚いたのは、全員が訪問看護未経験から始めたというのに、看護師たちは自信をもってイキイキ仕事をしていることでした。また、依頼に従って援助を行うという姿勢ではなく、「この人に今、何が必要か?」と常に考え、新しい情報をキャッチしながら行動しているポジティブな看護の姿勢に魅力を感じました。
ななーるの一員になった今、利用者さんの思いを汲んで、その方が「出来ないだろう」と諦めていることを惹きだせるかかわりを大切にしたいと思います。そして、それをチームに伝え「どうしたら出来るだろう?」と知恵を出し合うことで実現に向かえるように、利用者さんとチームに貢献したいと思っています。

佐々木早苗(看護師)

「すぐ動く」をモットーに!

看護師は幼いころからのあこがれ

看護師になろうと決めたのは、幼稚園に入る前のこと。3歳のころに1か月ほど入院した私は、寂しさや不安を和らげてくれた看護婦さんにあこがれて「おおきくなったら、かんごふさんになりたい」と思うようになりました。その思いは揺らぐことなく、高校生の時に看護体験に参加。白衣に腕を通した時には「絶対看護師になる!」と決意しました。

看護学生の時に実習で、他の学生がターミナルの患者さんを受け持っていたのですが、その学生は家族の一員であるかのごとく、患者さんやご家族に深く入り込んでケアをしていました。その姿は衝撃的で「いつかこんなケアができたらいいな…」と思い「ターミナルケアを極める」というのが私の将来の目標になりました。

生活の場でターミナルケアを極めたくて

まずは看護技術を磨くことが必要だと考え、卒後は急性期病院に就職しました。脳卒中の患者さんを受け入れる病棟で勤務するなかで、命を救い、急性期のリハビリを終えた患者さんのその先が知りたくて、老健施設に転職。その後、地域の急性期病院を経験し、療養型の病院で勤務もしました。

いろんな看護を経験しましたが、“医療の場”での看護では、やりがいとともに限界も実感し、私は将来“生活の場”で看護していこう、生活の場でターミナルケアを極めていこうという気持ちになっていきました。

特養で看取りを始める

そして特別養護老人ホームに就職したのですが、入職当時は、入居者さんが老衰で状態が悪くなったら病院に搬送するのが常でした。病院というのは、命を救うことが最大の使命です。そんな医療の場で、ベッド上で生かされていく患者さんを見て「これがこの人の望む最期の生き方なのか?」と疑問を持つようになりました。そして「特養で看取りを始めたいと思ったのです。

最初は「こんな状態で病院に行かなくていいのか?」と疑問視する職員も多かったのですが、家族を含めたチームで、静かに命を終えてゆくきれいな最期を共有し、特養で看取りができるようになりました。

「タイムリーに伝え、すぐ動く!」をモットーに

そろそろ自分の目標に向かいたいと思った私は、訪問看護にチャレンジしようと考えました。また、同じ思いを持つ看護師たちと一緒に目標を追いかけたいとも思いました。

ななーる訪問看護ステーションのことは、開設当初からホームページをチェックしていたのですが、スタッフの思いが伝わるメッセージに惹かれ「いつか、キラキラ輝くここのスタッフの仲間になりたい」と思っていました。訪問看護をするならココだ!と決めていました。

仲間になれた今、利用者さんの望みや願いを伺い、それをスタッフやご家族に伝え、みんなの手でその実現を支えたいと願っています。「タイムリーに伝え、すぐ動く!」をモットーにしていきたいですね。

訪問看護を始めて感じるのは、利用者さんの思いがストレートに伝わってくるということ。「利用者さんの笑顔で、自分の心も豊かになれる」「訪問看護って楽しい!!」今は、そんな思いでいっぱいです。

藤澤佳代(看護師)

的確なアドバイスをめざして

若いころは患者さんへの対応に戸惑うことが多かった

看護師になりたいと思ったのは、高校生の頃に見た救命救急を取り扱う看護師のドキュメント番組がきっかけでした。「こんな風にかっこよく働きたい」と思って看護師になった私は、若いころは「急性期看護を極めたい」という思いを持って働いていました。
最初に配属されたのは、外科病棟。がんの患者さんが多く、苦しむ姿や不安を口にされた時、どう対応していいのかわからず戸惑うことが多い日々でした。それでも患者さんは温かく私を受け入れてくださり、心が通じたと感じた時にはとてもうれしかったものです。

漠然と就職先を探すうちに・・・

その後、結婚を機に転職してICUに勤務。そうするうちに出産や主人の転勤などが重なり、パートで看護師をしながらも、看護への思いは後回しになっていきました。
子育ての関係で仕事を辞め、専業主婦をになって3年半が過ぎたころ、「そろそろ働きたいな…」と思うようになり、「長い時間は働けない。どうせパートだし、言われたことをするだけの仕事かな」という意識で就職先を探し始めました。漠然と「訪問看護もいいかな…」という気持ちで、「箕面」「訪問看護」で検索し、出てきたステーションのホームページをいくつか見たのです。そこで目にしたのが、ななーるのホームページでした。

今の自分を試してみたいと思った

メッセージを読むうちに、若いころの看護への後悔がとめどなく蘇ってきました。若いころ、自分の事で精一杯で、患者さんの思いに寄り添えずに看護していた後悔の場面を、いくつも思い出したのです。そして、子育てを経験し、自分の思い通りにはいかない事を学び、人として少しは大きくなったであろう今の自分を、試してみたいと思う気持ちが芽生えました。
またホームページに書かれていた「自分で考えて行動してほしい」というメッセージは、「短時間のパートだからといって諦めなくてもいいのだ」とう希望に変わりました。とはいえ3年半のブランクは不安だったのですが、見学に来て「ここで働きたい!」という気持ちが高まりました。その理由は、「決められたことしかできない人は来てもらったら困る」という所長の言葉に「ここなら成長できる」と感じたからです。

的確なアドバイスができる訪問看護師になりたい

%e9%ab%98%e5%8e%9f2正直なところ、私は人と話すのが得意ではありません。そんな私は、本当は訪問看護師に向いていないかもしれません。けれども、その不得意にチャレンジするよう背中を押してくれたのが、ななーるのホームページでした。
日々不安ばかりなのすが、利用者さんとお話しし、話の中からニーズをとらえて、いろいろなケアを考えることは楽しいです。そして利用者さんと向き合い、信頼関係を築き、的確なアドバイスができる訪問看護師として、経験を積みながら成長したいと思っています。

 

訪問看護師 高原聡子

家族の思いに耳を傾けたい

訪問看護師にお世話になって偉大さを実感

訪問看護師に触れたのは、父が自宅療養をしていたのがきっかけでした。終末期には毎日訪問看護師が来てくれて、介護をしていた不安な母の力になってくださいました。私は同居していませんでしたが、時折付き添う中でも、訪問看護師さんが来てくれる時間を心待ちにして、来てくれたら私も母も安心し、とても頼りになる偉大な存在でした。
そんな訪問看護に憧れはあったものの、自分には無理だと決めつけて、訪問看護師は、私とは別世界の看護師だという気がしていました。

はじめは無理だと思ったけれど

これまでの私は子育てに追われていましたが、そろそろ仕事に復帰したい。でも病棟勤務は難しい。クリニック勤務が妥当かな・・・などと転職サイトを見ていたときに、訪問看護の求人に辿りつきました。「自分には無理だ」と思っていたものの、ネットで訪問看護のことをあれこれ知るうちに「無理だ」という気持ちから「やってみたい」という興味に気持ちが変化している自分に気づき、前向きに訪問看護のことを調べると「出来るかも知れない」という気持ちになっていきました。そしてななーる訪問看護ステーションに出会いましたが、面接では、これまでの様々な経験を看護に活かす方略を問われ、アドバイスをいただき、自らのビジョンを考える機会を得ることができて「このステーションに巡り合えてよかった」と思いました。

頼りにしていただけるように

訪問看護を受けていた父や介護をしていた母を見ていたときに「看護師さんは忙しいのにこんなこと頼んだら申し訳ない」という気持ちがあるここと実感しました。私自身も遠慮してこちらからお願いするのは勇気がいることでした。
だから私が訪問看護をする上では、出来る限り頼まれる前に要望を察しながら、自分に出来ることを探していきたいと思います。そして頼りにしていただけるように、自ら学び、経験を積み重ね、自信をもって看護できる自分になれるよう励みます。

松本三枝子(看護師)

目標の実現を支えていきたい

訪問看護師になるのは学生時代からの目標

学生時代、在宅看護の実習で出会った訪問看護師は、脊損の利用者さんに「いつかトイレで排泄できるようになる」という目標を掲げてケアに取り組んでおられました。それを見た私は、1人の人に長くかかわり、共に遠い先の目標を追い続ける看護に魅せられ「いつかは訪問看護をしたい」と思うようになりました。
新卒では訪問看護は務まらないと思い、卒後は病院に就職しましたが、5年の経験を経たのち、憧れの訪問看護にチャレンジしました。訪問看護を始めてからは、待ってくれている利用者さんがいること、そして私を頼りにしてくれることに喜びを感じる毎日でした。

子育てをしながら再びチャレンジ

仕事は楽しくやりがいを感じてはいたのですが、出産を機に、家庭に入って子育てに専念することになりました。そして子育ても少し落ち着いてきたので、短い時間で、家族に負担がかからない範囲で仕事を再開しようと決意。ななーるの看護をホームページで見て、利用者さんの精神面へのケアを重視していることに共感し、ここならじっくり利用者さんと向き合えるのではないかと期待し「ここで訪問看護に再びチャレンジしたい」と思いました。
ななーるで働き始めて感じるのは、ゆったり利用者さんとかかわれる環境をつくられているので、あくせくせずに看護できるということです。

家族を巻き込み、みんなで目標に向かいたい

高齢の方々は、自分で目標を見つけることが難しいものですが、訪問看護が介入することで、自ら希望を口にできるサポートが出来たらうれしいと思います。病院から退院されるときに「こんな風に生活したい」という目標を見つけ、家族を巻き込んでその実現を目指す看護がしたいです。
また、家族へのケアも訪問看護には重要なので、家族看護も勉強したい分野です。とはいえ、今はまだ子育てに追われてゆっくり勉強する時間は作れないのが現実ですが、仕事をしながら経験を重ね、学んでいきたいと思います。

篠原まみ(看護師)

生活に活力を与えられるように

患者さんのベッドサイドが大好きだった

子どものころからおせっかいだった私は、漠然と人を助ける仕事をしたいと思うようになりました、そして将来の職業を決めるときには、女性が自立できる職業だという理由から、看護師を目指すことに決めました。看護師になってからは、忙しい中で、患者さんのベッドサイドで話をするときが一番大好きな時間でした。
「ずっと看護師を続けたい」と思っていたのですが、看護師になってすぐに縁あって結婚することになり、妊娠を機に退職し、しばらくは子育てに専念することになりました。子育て中は「早く復帰したい!」と思いながらも、次の子どもを授かったりして、なかなか復帰できず歯がゆい思いの数年間を過ごしていました。

学生時代から興味があった訪問看護

「復帰するときは訪問看護」というのは、自分の中で決めていました。それは、学生時代の講義で在宅看護に魅力を感じ、実習では病院とは違う患者さんの安心した表情に触れ、生活の中に入って看護出来るようになりたいという思いがあったからです。
やっと復帰できる状態になったので、訪問看護を始めようと思ったのですが、看護師経験が少ないうえにブランクもあり、不安だらけの復職です。だから「教育」にこだわって訪問看護ステーションを探しました。そしてななーるのホームページを見て、所長が元看護教員ということを知り、「ここなら未熟な私も受け入れてもらえるかもしれない」「ここなら成長できそうだ」と思ったのが、ななーるを選んだ理由です。見学に来た時には、アットホームな雰囲気に緊張が解れ「ここで働きたい!」と思いました。

生活に活力を与える存在になりたい

訪問看護師としての目標は、その人の生活が少しでも楽しくなることを考えたり、その人の生活に活力を与えたりできる存在になることです。そのためには、信頼していただくことが必要なので、経験を積み、勉強して知識を高め、誠実な態度で利用者さんにかかわっていきたいと思います。
また、子育てを経験して得たこともたくさんあるので、それを看護に活かすことも大切にしたいです。そして子どもの成長と一緒に、私も成長できるよう頑張りたいと思います。

村田 都(看護師)

望む生き方を支える存在に

医療職は幼いころからの夢だった

子どものころに入院を経験した私は、病院で働く人たちを見て「かっこいい!」と感じ、医療職になることが将来の夢になっていました。将来の選択肢を考えるようになったときは、医療職の中で、人と深く接することが出来るのは看護師だと思い、看護師を目指すことにしました。
看護の実習では、患者さんへの看護を計画するときに、家に帰ることを目標にして援助を考えていきますが、その「家での生活」というのが見えないままに、プランを作ることに難しさを感じていました。

病院と地域、在宅とを繋ぐために

看護師になってからは、慢性期疾患の方が入院される病棟で働きました。経験を積むごとに、患者さんが急変されると、当たり前のように延命処置を行うことに違和感を覚えるようになり、その人が望む最期を支援することが看護には必要だと考えるようになりました。リビング・ウィルについて患者さまと話し合い、人生に寄り添えるような、そんな看護がしたいと思うようになったのです。

そのためには、疾患を持ちながら生活されている人たちの現状を知ることが必要だと考え、病院を離れ、大学に戻って“総合ヘルスプロモーション科学講座”で研究を始めました。今は大学院生として、病院と地域、在宅とを繋ぐ基盤研究をしています。

望む生き方を支えられる存在になりたい

当ステーションに初めて来たときに感じたのは「温かさ」でした。そして、他のステーションよりもゆったりとケアされていると思いました。
また「看護とは看護師の関りで生命力を惹きだすこと」という言葉に共感しました。薬を使って回復に導くことも必要ですが、生活ベースで、本人から湧き出る力を惹きだすことは、看護本来の力であり、それを目指すステーションの姿勢に惹かれ「ここで働きたい」と思いました。今は大学に行きながら当ステーションで働いていますが、訪問すると、利用者さんに触れ合えることのよろこびを実感する毎日です。
今はまだ利用者さんから教えていただくことばかりですが、人生に寄り添い、望む生き方を支えられる存在になれるよう頑張りたいと思います。
 
糀屋絵理子
大阪大学大学院医学系研究科 博士前期課程
保健学専攻 ヘルスプロモーション・システム科学研究室

寄り添う看護がしたかった

幼いころから看護師に憧れを抱き

常に入退院を繰り返す祖母と暮らしていた私は、幼いころから看護師さんに触れる機会が多く、漠然と看護師という職業に憧れを抱いていました。しかし、のんびりとした性格の私に対して、母は「あなたに看護師は務まらないわ」と反対。一旦は諦めて別の職業についたのですが、数年たったころに「もっと充実した仕事がしたい!」と思うようになり、勇気を出して看護師になりました。
看護師になってからは、「もっとゆっくり患者さまに向き合いたい」と思うことは度々。テキパキと仕事をこなすスタッフの間で、患者対応への考え方に違和感を覚えることも多く、その場所にそぐわない自分を感じることもありました。

訪問看護に興味はあっても自信がなくて…

病院勤務ではたくさんの患者さまに出会ってきましたが、今も忘れられないのは、前立腺がんで尿閉になり、急きょストマ造設となった患者さまのことです。術前準備をする時間がなかったために、術後、奥さまは度々パニックになり、不安を抱えたままの退院に。そして退院後も何度か私を訪ねてくださいました。奥さまからいただいた「角さんに大丈夫と言われるだけで安心するの」という言葉は、今も心に深く残っています。その後、再入院されたその患者さまは、私が休暇中に亡くなりました。最期を看取れなかったのは今も心残りです。
その患者さまに出会ってから、不安を抱えて退院された後の生活を支える訪問看護に興味を持つようになりました。子育ての関係で、仕事に使える時間に規制が出てきてからは、転職の機会に見舞われるたびに「訪問看護」が脳裏にかすんだのですが、自分に務まる自信がなくて、一歩踏み出す勇気が持てず、施設や外来などで働いてきました。

限られた時間でもやりがいある看護がしたい

角2外来パートをしていた私は、徐々に「自分の役割は何だろう?」と問うようになり、自信を持って「看護師です」と言えないもどかしさを感じるようになりました。そして「限られた時間だから仕方ない」ではなく「限られた時間でもやりがいある看護がしたい」と思うようになり、勇気を持って訪問看護に転職しようと考えました。
自信はなかったけれど「まず行ってみよう」と思った私は「箕面」「訪問看護」と検索。ヒットしたステーションのホームページを見比べたとき「ここは何かが違う」と感じたのが、ななーるに電話をした動機でした。見学に来て、なな⁻るが目指す看護の話を聴いたとき「そうそう、私はこんな看護がしたかった」「ここで働きたい!」と思い、面接をお願いし、働かせてもらえることになった時はとても嬉しかったです。

「一緒にステーションをつくる」というのは大きな魅力

角3今はまだ自信が持てない私ですが、ひとり一人の利用者さんのことを思い、ベストな選択を考えるスタッフの中にいるのはとても楽しいと感じます。利用者さんとゆったり1対1でかかわる中で、苦痛が和らいでいく姿を見ると感激もします。また、積極的に勉強の機会を与えていただけるのもありがたいと感じます。
当ステーションは、まだできたばかりなので、「これから一緒に作り上げていく」というのは大きな魅力のひとつ。「訪問看護とは何か?」を考え、学びながら、ななーる訪問看護ステーションと一緒に私自身も成長し、その人らしさを惹きだすための看護が提案できる訪問看護師になりたいと思います。

 

訪問看護師 角あずさ

 

 

ごあいさつ

%e6%89%8bこんにちは!箕面市在住のMapleさんです。2016年9月から、亡き父が運んでくれた不思議なご縁で、ななーるの看護師さんに訪問に来てもらうようになりました。新しく人と出会うチャンスがあまりないため、ななーるの看護師さんと色んなお話をするようになって、自然と気持ちが明るくなりました。

そしてこのたび、自分のブログを開設する機会をいただき、12年間パソコン教室に通って身に付けたスキルを活かすことができて、とてもうれしいです。

ブログでは日々の暮らしの中で感じたことや、電動車椅子で外出した時に発見した町の様子など、徒然なるままに書き綴っていけたらな、と思っています。

ブログの更新は不定期になりますが、ぜひ、遊びに来てくださいね。
皆さま、応援よろしくお願いいたします!

応援メッセージは「コメント」から